【実測データ】中国グレート・ファイアウォールの中と外のパフォーマンス比較

【実測データ】中国グレート・ファイアウォールの中と外のパフォーマンス比較

中国のインターネット事情でよく知られるグレート・ファイアウォールですが、実際どのくらいWebパフォーマンスに差が出るのでしょうか。実測データがありますので、ご紹介します。

実測データ!グレート・ファイアウォールの中と外のパフォーマンス比較

グレート・ファイアウォール内外のウェブサーバからのダウンロード速度計測結果(Networkbench 2011)
グレート・ファイアウォール内外のウェブサーバからのダウンロード速度計測結果(Networkbench 2011)

これは、香港と、中国本土のグレート・ファイアウォール内のサーバとで、同じ64KBのオブジェクトファイルを各都市からダウンロードするのにかかった時間を比較したものです。香港はグレート・ファイアウォールの外に位置しますが、他国に比べ中国と近い位置にはあるものの、グレート・ファイアウォール内と香港では、概ね倍の時間がかかっていることがわかります。
では、そもそもグレート・ファイアウォールとは何なのでしょうか?

グレート・ファイアウォールとは

グレート・ファイアウォールは、中国政府が国民を保護するために導入されているものです。中国の国外から国内へ届けられるWebコンテンツに政府が意図しないものが含まれていないか、インターネットのトラフィックを常に監視・検閲が行なわれています。

意図しないコンテンツとはどんなものなのでしょうか。まずブロックされる可能性が非常に高いのは、アダルトやギャンブル、政治的な内容を含むコンテンツです。同様に、ファッションなどのコンテンツでも、モデルが必要以上に肌を露出しているものはブロックされる可能性があります。中国人はユーザ間の評判にとても関心が高く、ECサイトやブランドサイトではレビュー機能が必須であるといわれています。しかしここでも、政治的な内容などブロックされる可能性のある内容を含む投稿がされないかどうか、常に監視しておく必要があります。

グレート・ファイアウォールは、コンテンツの検閲やブロックだけでなく、閲覧スピードにも影響を及ぼします。例えば、グレート・ファイアウォールの外にホスティングされているコンテンツを、グレート・ファイアウォールの内側である中国本土で閲覧しようとすると、10-15秒のレイテンシ*1が付加されるのが一般的です。日本にホスティングされたコンテンツであればこれに大陸間のレイテンシが付加されますから、Webページが表示されるまでに20秒や30秒かかることも珍しくありません。

※レイテンシ:パケットが出発地点から目的地まで到達するためにかかる時間のこと。パケットはWebサイトを構成するデータの送信単位です。出発地点となるデータセンタと目的地までの距離が遠いほど、レイテンシは長くなります。これは物理的な距離の問題と、インターネットの非効率性の両方に起因します。

中国でのWebパフォーマンスをさらに低下させるもの

特に問題のないWebコンテンツが配信されている場合でも、グレート・ファイアウォールを通る(中国の国外から中国へWebコンテンツを配信する)ために中国でのWebパフォーマンスは非常に低いのですが、加えて、中国でのWebパフォーマンスを低下させる要因には、さらに次のようなものもあります。

・ 南北に分断されたネットワーク
・ 広大な国土に点在するユーザ
・ ミドルマイル

こうした問題に対処し、中国でのWebパフォーマンスを改善させるには何をすればよいのか?CDNetworksでは、これらの情報をまとめたホワイトペーパーを公開しています。

以下のリンクよりダウンロードいただき、是非ご覧ください。

中国:巨大市場をものにせよ

==================================
■お問い合わせはこちら >>お問い合わせフォーム
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン TEL:03-5909-3373(営業部)
==================================