海外向けウェブサイト:表示スピードがものをいう

本記事は、現地時間2016/6/30に公開されたIl Giornale Delle PMIに掲載されたCDNEtworks EMEAの社長であるアレックス・ナムへのインタビュー記事 Sito web per l’estero: la velocità conta(海外向けウェブサイト:表示スピードがものをいう)を翻訳したものです。

 

——————

アレックス・ナムはCDNetworks EMEAの社長です。CDNetworksはWeevoの顧客であり、Hoepliより出版された外国市場のウェブストラテジーに関する私の本の中でも同社の導入事例を掲載しています。

 

ガブリエル:ウェブサイトは企業のコミュニケーションのハブとなるべきものです。外国市場において事業を始めようと思ったら、それぞれの国の特徴に合わせなくてはなりませんが、国際的なウェブサイトを作成するうえで重要なポイントとは何でしょうか?

 

アレックス:私たちの顧客から学んだことは、直接コミュニケーションをすること、そして対象とする市場にあわせてローカライズすることです。コンテンツに関してもそうですし、デザインについてもいえることです。さらにそのポイントをかいつまんで説明すると、次の通りです。
テキスト情報もマルチメディア情報もそして会社概要に至るまで、コンテンツのローカライズに投資する必要があります。文化の違う見込み顧客に対して適切にメッセージを届けようとするなら、各国の言語を母語とするコピーライターに依頼することが一番の近道といえるでしょう。
そして、企業の事業戦略もローカライズする必要があります。ターゲット顧客に繋がるため最も適したチャネルを選択する必要があります。その国や市場に関係のあるオンライン広告や検索エンジン広告など、ターゲットとする国にあったプラットフォームを選択する必要があるのです。しかしどんな市場であれ、消費者はみな速くて使いやすいウェブサイト、そして自国の通貨を利用した決済を望んでいます。また、アニメーションやビデオなどのインタラクティブなコンテンツを挿入することも、ユーザ体験を向上させ、お問い合わせや購買を促進させることに繋がります。
外国の市場にアプローチしようと考えるとき、物理的な距離が問題になることがあります。これはウェブサイトでも同じことです。先述したような機能を追加していくことは、ウェブサイトのパフォーマンスを損ない、表示時間を遅くしてしまいます。これでは、誰も行動を起こしてくれません。ですから、私はいつも言っているのです。「表示スピードを計ることを忘れないで!」と。たった1秒がお客様の命運を分けるからです。ウェブページを開くときのたった1秒の遅れが、コンバージョン率を7%もダウンさせるのです。また、安心といった側面も忘れてはなりません。ECを利用する消費者の78%が、セキュリティを心配しており、サイトが遅い場合はなおさらです。
つまり、国際的なウェブサイトの成功においてスピードは欠かすことのできないものです。そうしなければ、他のすべての努力が無駄になってしまいます。結果どうなることでしょう?表示に時間がかからなければ、売上は増えます。表示時間が速くなれば、検索エンジンにおいてもより良い位置で表示されることが期待できます。

 

ガブリエル:北京からイタリアのサイトを開こうとすると30秒もかかると聞きましたが、それは本当ですか?

 

アレックス:本当です。2014年に私たちはある調査を行ないました。いくつかのドイツ企業のウェブサイトが中国でどのようなパフォーマンスになるか分析したのです。結果、表示にかかる時間は平均で33秒でした。イタリア企業のウェブサイトでも似たような結果が観測されています。
なかには中国人はそうした長い読み込み時間になれているから、有名なイタリアのブランドサイトを訪れる際には30秒待つことができる、と考える方もいるかもしれませんが、それは誤りです。10人中9人の中国人が、ウェブサイトの機能において最も重要なのは「速いこと」だと答えています。また、中国人インターネットユーザの47%が、3秒以内にコンテンツが表示されることを求めています。つまり、30秒は到底受け入れられるものではありません。(参考: https://www.giornaledellepmi.it/sito-web-per-lestero-la-velocita-conta/
しかし、なぜそんなに長い時間がかかるのでしょうか?まずは距離です。中国は単純にイタリアからとても遠く離れています。もう一つはグレート・ファイアウォールにより引き起こされる遅延です。グレート・ファイアウォールは、政府が独自の考えに基づき構築した複雑なシステムで、ウェブサイトをフィルタリングしたり、ブロックしたりします。これはとても大切なことなのですが、中国のネットワークそれ自体に、そもそも大きな課題があるのです。
こうした複雑な事情はあるものの、中国市場においてウェブサイトの読み込みを速くする方法もいくつかあります。
・中国に特化したCDNを使うこと
・国際的なコミュニケーションにおける専門家をパートナーとして頼ること
・ウェブサイトの構造やコンテンツを最適化すること
・継続的にパフォーマンスを監視し、改善すべき点を常に探すこと

 

インタビュア:
ガブリエル・カルボーネ
マーケティングコミュニケーション、デジタル・ストラテジック・プランナー、ツイッター・スペシャリスト、コミュニケーション・デザイナー、教師、Weevoファウンダー(全3名のうちの1名)Gloukのクリエイター。ニュースーペーパーSMEのデジタル・ディバイド・コラムの共同発行者、編集者。外国市場におけるウェブストラテジーについては: www.weevo.it