中国本土でのWebサイトの表示遅延とISPの役割

中国本土でのWebサイトの表示遅延とISPの役割

世界最大のインターネット市場

中国のインターネット市場が世界最大規模であることはよく知られています。7億人を超えるインターネットユーザ(および6億9,500万人のモバイルインターネットユーザ)がいる中国のインターネット市場が、ヨーロッパ全域の企業にとって重要なターゲット市場になることは、もはや驚くことではありません。また、中国のインターネット環境は特殊であるということもよく知られています。

特殊な通信環境と法規制の影響

中国の情報検閲システムであるグレートファイアウォールについては、多くの方がご存知でしょう。そして2017年6月1日に、サイバーセキュリティ法が施行され、規制環境が更に強化されたため、データの保持に大きな影響を与えました。グレートファイアウォールにより、特定の種類のコンテンツをブロックすることは広く知られていますが、中国外からのWebサイトアクセスのパフォーマンスにも大きな影響を与えています。その結果、中国内でWebサイトを開設しているヨーロッパの企業のほとんどが、読み込みに30秒以上かかる事象が頻繁に発生しています。

しかし、あまりよく知られていないのは、Webパフォーマンスの問題を引き起こすのはグレートファイアウォールだけではないということです。実際に、あるヨーロッパのブランド企業のWebサイトで待ち時間が発生している要因は3つあります。

中国本土でWebの表示遅延を引き起こす3つの要因とは?

要因1:物理的な距離の問題

ヨーロッパのある企業の中国内でのWebサイトのパフォーマンスに影響を与える1つ目の要因は、ヨーロッパから中国までの距離です。ヨーロッパと中国の間の4,000マイルあまりの距離Webパフォーマンスを遅らせる原因となるのは当然のことです。 基本的にWebサーバ(オリジン)とエンドユーザ間のやり取りの回数がWebサイトの読み込み時間を増やすので、距離はWebパフォーマンスに最も大きな影響を与える要因です。

要因2:グレートファイアウォール

2つ目の要因は、前述のとおり、中国独自のインターネットフィルタリングシステムであるグレートファイアウォールによるものです。しかし、グレートファイアウォールは、香港から中国に配信されるWebサイトでさえも遅延を引き起こします。実際に、グレートファイアウォールのフィルタリングプロセスは、最大で40%もWebサイトを遅くしています。

要因3:中国内のインターネットピアリング問題

3つ目は、中国のインターネットインフラ環境による遅延です。中国のインターネットサービスプロバイダ(ISP)は、チャイナテレコム(CT)、チャイナモバイル(CM)、チャイナユニコム(CU) のこれら少数しか存在しません。 これらの国営ISPは、7億人のインターネットユーザのトラフィックを処理する役割を地域別に単独で担っています(管轄地域内のWebパフォーマンスにも影響を与える可能性があります)。そして、トラフィックがISP間を通過するには、トラフィックピアリングが必要となるため、これが遅延の原因となっています。

<中国内のISP管轄分布図>
image4

ピアリングとは?

ピアリングは、ISP間のネットワークの相互接続であり、データ交換を可能にするものです(ピアリングは、基本的にインターネットユーザがほとんどすべての公衆ネットワークに接続できるようにするものです)。しかし、ISPはお互いに対価を支払う – そして中国では、ピアリングするのに費用がかかるだけでなく、相互接続ポイントも非常に混雑しています。これは、ある地域からのデータが、別の地域に届けることができない可能性があることを意味します。

ピアリングポイントの数が限られていることも、中国のインターネットユーザへのアクセスに大きな影響を与えます。すべてのインターネットユーザが北京と上海の主要都市に集中しているわけではありません。中国の600以上の都市、100万人以上の人口を持つ都市のうち100都市以上に、潜在的顧客の大部分がTier 2(地方都市)とTier 3(更なる郡部、農村部)市場に居住しています。これは、データが国内すべての地域に届くとは限らないことを意味します。また、ビジネスとして、顧客基盤の大部分を見逃す可能性があることも意味します。

中国のインターネットインフラ環境では、ピアリングポイントが制限され、ネットワークトポロジが分断され、接続性が不十分であるため、中国の主要都市にデータセンターを構築するだけでは、地域全体の配信には役立ちません。

中国でWebサイトの立ち上げを成功させようとしているヨーロッパの企業にとって、よりターゲットを絞った方法で国内の待ち時間に取り組まなければならないため、多くの企業がCDNサービスに目を向けています。

CDNの技術がどのように役立つか?

CDNは、距離、グレートファイアウォール、および複雑なインターネット環境に起因する配信遅延を解決することができます。これはCDNetworksが、中国全体にPoP(配信拠点)と配信プラットフォームを持ち、グレートファイアウォールの内側でデータをキャッシュできるためです。各PoPでは、エンドユーザへのコンテンツ配信を高速化します。

ところで、CDNはどうやってこれを正確に行うのでしょうか?

エンドユーザがWebページをリクエストすると、データはエンドユーザ最寄りのCDNサーバ(エッジ)にあるキャッシュデータを素早く返します。つまり、距離が短いため、データははるかに速く読み込まれます。これは、ピアリングおよび混雑した相互接続ポイントの問題を克服するのに役立つだけでなく、グレートファイアウォールによって引き起こされる遅延の解消にも役立ちます。

多くの欧州企業が中国をビジネスターゲットにしようとしているため、適切なCDNプロバイダを選択することは、ビジネスの成功のためには不可欠です。重要なことは、CDNプロバイダが中国市場の専門知識を持ち、この地域に拠点を所有し、ルール、規制、およびライセンス取得(中国の主要ネットワークとのコネクションがあること)に関して精通していることを確認する必要があります。中国との通信の取り組みには、多くの複雑な手続きの必要がありますが、正しい道をたどれば、成功することができるでしょう。

CDNetworksは、中国に現地法人がある強みを生かし、中国市場をビジネスターゲットにしている企業のために、現段階で明らかになっている中国での法律やルールに即した迅速なサポートを提供しています。CDNetworksの中国高速配信にご興味のあるお客様は、是非お気軽にお問い合わせください。

CDNetworksでは、中国の新サイバーセキュリティ法に関する情報をまとめたホワイトペーパーを公開しています。以下のリンクよりダウンロードいただき、是非ご覧ください。

wp-24

中国:巨大市場をものにせよ

なお、弊社では、Web会議(30分ほど)でのサービス紹介も承っております。
ご興味、ご関心のあるお客様は、お気軽にお問い合わせフォームよりお申し付けください。

==================================
■お問い合わせはこちら >>お問い合わせフォーム
■関連資料のダウンロードはこちら >> 資料ダウンロード
==================================
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン TEL:03-5909-3373(営業部)